大前光市トーク&パフォーマンス「誰にでも輝ける場所がある」

《長野オリンピック・パラリンピック20周年記念事業》
リオデジャネイロパラリンピック閉会式での圧倒的なパフォーマンスで一躍注目を集めたダンサーのトーク&パフォーマンスを長野で開催。

大前光市
1979年生まれ。大阪芸術大学でクラシックバレエを学ぶ。本格的なコンテンポラリーのテクニックや振付のメソッドを習得し、在学中から注目を集める。プロのダンサーとしてスタートを切った23歳の時、交通事故で左膝下を切断。片足でも踊り続けるため、幅広いジャンルの動きを学び、作品に合わせて長短さまざまな義足を使い工夫することで、世界に二つとないダンススタイルを築く。2016年9月リオデジャネイロパラリンピック閉会式・東京へのハンドオーバー(旗継ぎ式)で、ソロダンサーとして出演。片足での4回連続のバク転を交えたダンスを披露、一躍注目を集める。第4回ダンスクリエーションアワード審査員特別賞、第13回北九州&アジア全国洋舞コンクール第1位など受賞多数。




インフォメーション

日程2018年3月24日(土)
会場長野市芸術館アクトホール
時間14:00開演(13:30開場)
チケット料金一般1,000円/小・中学生500円/未就学児無料 ※当日は200円増
プレイガイド▽SBC信越放送(本社受付)
 [電話]026-237-0500(10:00~17:00 土・日・祝定休)
 [WEB]https://piagettii.e-get.jp

▽長野市芸術館
 [電話]026-219-3191(10:00~19:00 火曜定休)
 [窓口]NCACチケットセンター(10:00~19:00 火曜定休)

お問い合わせ先SBCラジオ局営業推進部 TEL.026-237-0552(平日10時~17時)