クァルテット・エクセルシオ 
室内楽の喜び ~小山実稚恵を迎えて



結成23年目を迎える弦楽四重奏団クァルテット・エクセルシオと、日本を代表するピアニスト小山実稚恵の顔合わせ。
エクセルシオは、日本では稀な常設の弦楽四重奏団として年間70回以上舞台に立ち、2016年にはサントリーホール主催でベートーヴェンの弦楽四重奏曲全16曲を2週間で演奏するという快挙も成し遂げている。そのエクセルシオと、室内楽の名手でもある小山実稚恵が演奏するシューマンのピアノ五重奏曲は、名演の予感。


【出演】
クァルテット・エクセルシオ
小山実稚恵(ピアノ)


【演奏曲目】
W. A. モーツァルト:「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」K. 525
幸松 肇:「日本民謡集」より
A. ドヴォルザーク:弦楽四重奏曲第12番ヘ長調Op. 96「アメリカ」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
R. シューマン:ピアノ五重奏曲変ホ長調 Op. 44





インフォメーション

日程2017年10月3日(火)
会場松本市音楽文化ホール(ザ・ハーモニーホール)
時間19:00開演(18:30開場)
チケット料金【全席指定・税込】3,000円
詳細ホームページhttp://www.quartet-excelsior.jp/
プレイガイド▽EVENT NAGANO
 [WEB]http://www.event-nagano.net

▽松本市音楽文化ホール(ザ・ハーモニーホール)
 [電話]0263-47-2004
お問い合わせ先(有)ワイエフ Tel. 0266-22-1593/090-4605-3919